SEから外資系のITコンサルタントになったら周りがすごかったので勉強することにした。

SEから外資系のITコンサルになってみた。

自己紹介

記事を書いている人

更新日:

こんにちは、KOM(コム)です。

生まれ:1985年、九州の出身。社会人歴&上京歴は10年くらい。

■社会人経験

もともと金融系のSEをしていたましたが、最近外資系のITコンサルの転職しました。もともとコンサルには興味がなかったのですが、英語に触れる機会が増えそうだなーというのと、給料も上がりそうだったので転職してしまいましたw

転職してみると意外と自分にはあってたようで、意外と毎日楽しく仕事をさせていただいております。最近は、「働き方改革」なんかの影響もあるのか、ものすごい残業とかはないですね。ただ、単位時間当たりのパフォーマンスは求められるので効率的に仕事をする必要はありそうな感じです。

■勉強しないとと思った理由

このタイトルにもある「勉強しないと!」と思った理由は、さすが外資系のコンサルというべきか周りの人の経歴、肩書がすごいんですよ。MBAホルダーもごろごろいますし、TOEIC990点満点とかもいますw

大学も東大、京大、海外の大学など、ひぇ~って感じです。前の職場もゴールドマンとか、リーマンとか、金融系大手がたくさん。有名コンサルファーム出身者もたくさーん。

いつまでこの業界にいるかわかりませんが、周りに見劣りしないようにしっかり勉強せねばやばいなと思っている今日この頃です。

■このブログを始めた理由

このブログを始めた理由は、自分のそうだんったのですが、コンサル業界に転職しようと思ったときにあまり情報がなかったこと。入る前にこんなこと知りたかったなーということなどがあったので、これからコンサル業界に入ろうと思っている方や、将来に向けて勉強しようと思っている方の役に立つ情報が少しでも提供できたらいいなと思って始めました。

また、おそらくですが、コンサル業界の方でがっつりブログをやっているという方もそんなにいないのではないかなと思いますので、ニッチ?な感じでやっていきたいと思います。

-自己紹介

Copyright© SEから外資系のITコンサルになってみた。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.